口コミ観光情報局!国内の観光地の口コミ・旅行記を集めています

口コミ観光情報局

口コミ観光情報局へようこそ。国内の観光地の口コミ・旅行記を集めています。あなたの旅を応援します。

新潟県佐渡島、佐渡金山へ行った体験談

読了までの目安時間:約 2分

 

新潟県の佐渡島は金山やトキやたらいぶねで有名です。まずは佐渡島へのアクセスですが、新潟港から船で行くことになります。昔は佐渡空港があったらしいのですが、今は飛行機は飛んでいないとのことです。船は二種類あります。ジェットフォイルという高速船と普通の客船です。ジェットフォイルであれば1時間程度で佐渡島と新潟を行き来できますが、一般の客船ですと、2時間以上かかります。そう、佐渡島って結構新潟から遠いのです。そこからレンタカーを借りさらに1時間以上かけて金山にたどり着きます。金山は色々なコースがありますが、自分は江戸時代の金山のコースで見学しました。夏でしたが、中はひんやり冷たいです。佐渡金山は江戸時代の幕府の貴重な収入源であり、坑夫の多くは無宿人と呼ばれる戸籍の無い人間や勘当された人間が主だったようです。歴史好きでしたので、とても勉強になりました。そして、過酷な労働環境ですし、陽の光もまともに入ってこないので、平均寿命は短かったとのことです。金山には当時の坑夫の働きを再現した実物大人形がところどころにあります。これがとてもリアルで下手なお化け屋敷より怖いです。しかもしゃべります。子供は泣き出しそうです。そんな金山を抜けると売店やゴールドバーを実際に持ち上げれる体験コーナーがあります。さらにゴールドバーを買うこともできます。お土産は小判チョコや小判クッキーなど金にちなんだお土産が多かったです。佐渡金山は楽しむというよりも勉強になる場所でした。行くまでが大変ですね。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: