口コミ観光情報局!国内の観光地の口コミ・旅行記を集めています

口コミ観光情報局

口コミ観光情報局へようこそ。国内の観光地の口コミ・旅行記を集めています。あなたの旅を応援します。

名勝「兼六園」は坂がとても多いところ

読了までの目安時間:約 2分

 

石川県金沢市にある名勝「兼六園」に行ってきました。
兼六園下という交差点のすぐそばにある「兼六駐車場」に車を止めて、観光客の波と同じように大きな観光館を横に入り、歩き始めて1分後。とても急な坂が私の前に現れました。坂の左手は九谷焼などの郷土土産のお店が軒を連ねていて、そのお店をゆっくりゆっくり見ながら坂を上りました。かなりの急勾配で既にへとへと。
坂を登り切ると正面に兼六園への入り口「桂坂口」と右側に金沢城への入り口があり、ここで観光客が二手に分かれていきます。ちなみに、タクシーだとこの付近まで上がってきてくれるようです。
園内入ってすぐに茶店やお土産屋さんが並びます。茶店の前にはずらっと座る場所が並べてあって、金沢城を目の前にお団子などを食べている人もいっぱいいました。
お店の並びをすぎるといよいよ庭園内です。
順路の先を見るとこれまた急な坂道。しかも、砂利道なのです。ヒールを履いていたので、すごく戸惑いながらも頑張って上ってみました。
足を取られながらも日本最古といわれる噴水に到着。丸い石から水が勢いよく出ていました。さらに、ここから足の長い「徽軫灯籠(ことじとうろう)」や「唐崎松」まで行くのに、また坂を上ります。兼六園のことを結構調べて行ったんですが、どこにもこんなに坂が多いなんて情報載ってなかったですよ。正直、めちゃくちゃ疲れました。
なんとか唐崎松まで辿り着き、再び駐車場への道を下りました。車を走らせて次の目的地へ行く途中に兼六園を半周することになったので分かったのですが、兼六上に小さな駐車場がありました。ここに車を止めて「小立野口」から入ると良かったのかもしれません。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: