口コミ観光情報局!国内の観光地の口コミ・旅行記を集めています

口コミ観光情報局

口コミ観光情報局へようこそ。国内の観光地の口コミ・旅行記を集めています。あなたの旅を応援します。

京都 東山区 南禅寺への旅体験記

読了までの目安時間:約 2分

 

最近、京都は東山区にある南禅寺に紅葉を見に出かけました。南禅寺の最寄駅は「蹴上」駅でそこからは10分程度です。石川五右衛門が上に上り、そこから見える景色に「絶景かな」と言ったという門がある事で有名で、今でもお金を払えば門の中から上に上がることができます。階段がかなり狭くちょっと怖い感じがしましたがそれほど高くはありませんでした。そこからの景色も「絶景」とは言えず、きっと当時のそれほど高い建物がない時代には絶景だったのだろう、と思う程度でした。南禅寺は敷地内に入るのは無料で自由に紅葉を見たり、水路を見たりできます。その奥に紅葉で有名な永観堂があるので、その通り道に使用される人も多い様でかなり混み合っていました。しかし塔頭が多いので、それぞれのお庭や門等の中に入るのであれば、そこで各お金を払うというスタイルでした。しかし一般公開はしていない塔頭(庭)もあるので、全てが見れるわけではありません。その中で「天授庵」というお庭があります。私は春頃(5月)にもそこを訪れ、その時には緑が生い茂り池の中に飛び石の小道があり、とても小さいのですがまるで何か妖精でも住んでいるのではないかと思わせる様な可愛いお庭で特に気に入っていました。また平日の朝だったので人もほとんどいなかったのでより感慨深く、今回も是非天授庵に行こうと思いましたが、やはり紅葉の季節だけありとても混み合っていてゆっくりみることができませんでした。南禅寺の奥にはレンガで出来たアーチ型の琵琶湖疏水があります。とても昔でいう「ハイカラ」なイメージでその疏水と紅葉のコントラストが素敵でした。門は空いているので紅葉などの混んでいる時期に行かれる方は朝一番に行って散歩される事をお勧めします。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: