口コミ観光情報局!国内の観光地の口コミ・旅行記を集めています

口コミ観光情報局

口コミ観光情報局へようこそ。国内の観光地の口コミ・旅行記を集めています。あなたの旅を応援します。

ハイキングを満喫したあとは奥日光湯元温泉

読了までの目安時間:約 3分

 

奥日光湯元温泉へはいつも、浅草から東武鉄道の特急スペーシアと路線バスを利用してアプローチしています。日光の奥座敷ともいえる湯元温泉ですが、このように電車とバスを利用するだけで簡単にアクセスすることが出来るのです。所要時間は、乗換えにもよりますが、浅草から3時間半程度です。この行程を踏めば老若男女を問わず誰でも、標高1,450メートルの高さにある温泉郷に、たどり着くことが出来ます。

奥日光湯元温泉は源泉が豊富ですから、どこの旅館ホテルのお風呂場もかけ流しのとても贅沢な湯治場です。お湯に浸りに行くだけでも価値があります。

かなり奥まったところですので、電波が入らないこともあります。実際、パソコンを使いたかったのでWiMAX(WiMAXの参考サイト)を持っていったのですが、残念ながら圏外に。つまり、その分、自然にかこまれたいいところだということですね。

ただ、奥日光が素晴らしいのは温泉だけではありません。昔から、日光に行かずして結構というなと言われるほど素晴らしいのは、手付かずに残された大自然です。

この大自然の一端に手軽に触れながら、最終目的地である奥日光湯元温泉に到達する私のルートをご紹介したいと思います。

まず、東京からのアクセスは、先に揚げた東武鉄道と路線バスであることは同じです。ただ、バスを降車する停留所を終点湯元温泉にするのではなく、途中の竜頭の滝、もしくは赤沼にして、そこから奥日光戦場ヶ原自然研究路を辿って、湯元温泉までアプローチしています。

この自然研究路は、戦場ヶ原の湿原や森の中に木道が整備されていますので、登山靴でなくても歩きやすく、またほぼ平坦な地形ですから、普通の足腰の方であれば誰でも踏破が可能です。ただ一点気をつけなくてはいけないのは、水場がないことです。ですから飲料の携帯は必須です。

それさえ守れば、のんびり自然の中のハイキングを満喫して、2時間半から3時間もすれば湯元温泉に到着します。

ハイキングをした後の温泉は格別です。一度お試しください。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: