口コミ観光情報局!国内の観光地の口コミ・旅行記を集めています

口コミ観光情報局

口コミ観光情報局へようこそ。国内の観光地の口コミ・旅行記を集めています。あなたの旅を応援します。

お花畑の不思議な世界、宝塚歌劇と手塚治虫博物館の旅

読了までの目安時間:約 2分

 

宝塚歌劇を観に、宝塚にいきました。

阪急宝塚駅を降りた瞬間に、それまでの駅とはちょっと違う独特の世界観が広がっていて驚いたのを覚えています。
駅舎や、隣接の阪急百貨店も、なんだか花が咲いたようなイメージの建物なんです。

駅から劇場までは、その名も花のみちという、先ほどに続いてお花畑のような石畳の小道を抜けていきます。
ロッテリアのような気軽なお店もありましたが、ほとんどが宝塚スターのグッズや土産物のお店で、サイン入りポスターがそこらじゅうに貼られていました。
あまりの数に、この町の人たちがみんな宝塚歌劇のファンなのか、これも商売とやっているのかどっちなのかと思いながら歩きました。
劇は二部仕立て、お芝居とレビューです。大体どの話も同じ作りで二度楽しめるようになっています。

それにしても、客層で女性の比率が多いこと!
一般のお客さんももちろんいるのでしょうが、熱烈ファンの方が写真を持って話していたり、すごいです。
トイレの大きさも男女差が大きくて面白かったです。
ホールもキラッキラで、スターになった気分で降りて来られるような階段もあって、ほんとに独特の夢の世界です。
子ども連れでも楽しめるように、託児所までありました。女性客が多いので、よく心をわかっているなぁと思います。

観劇のついでに、劇場からすぐ近くの、手塚治虫博物館にも寄ってみました。
小さな博物館ですが、すごくたくさんの展示と、子どもでも楽しめるようなお絵かき教室もあって、あまり手塚治虫の知識がなかったのですが興味がわいて、お土産にDVDを買ってしまうほど楽しかったです。

どちらも楽しめて、ちょうどいい感じに1日満喫できる宝塚の観光コースでした。
お土産はもちろん炭酸煎餅も忘れずにね!

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: