口コミ観光情報局!国内の観光地の口コミ・旅行記を集めています

口コミ観光情報局

口コミ観光情報局へようこそ。国内の観光地の口コミ・旅行記を集めています。あなたの旅を応援します。

滋賀県 彦根市の彦根城にいってきた

読了までの目安時間:約 2分

 

先日、滋賀県の彦根城にいってきました。
彦根城といえば、ゆるきゃらでおなじみのひこにゃんにも会えるので、うきうきした気持ちでした。
彦根城はお城の周りが城下町の町並みを意識した町づくりをしているので、お城に付くまでも十分お城気分を楽しめる場所です。
また、彦根といえば近江牛が有名です。
私は、お城のすぐそばにある、お店で近江牛の牛丼をたべてきました。
飲食店も多いので家族でいくのにもお弁当無しで大丈夫です。
あと彦根城は昔のままの形でのこっているため、
本当に床やたたみは昔のかたちのままです。
そのため、上段に上がる階段はとても角度が急になっています。
こちらも、上にいけばいくほど、角度はどんどん厳しくなるのですが、
理由は、お城特有の作り。
攻め込まれないように、もし攻め込まれても攻略に時間がかかるように階段をわざと急ににつくっているそうです。
私は背が高いので最上階は昇っていると天井に頭がぶつかる高さでした。
非常に低いです。
ただ、景色は最上階になるととてもよく、殿様気分をあじわうことができました。
あと、最後に、ひこにゃんですが出てくるイベントの時間があるようです。
撮影ももちろん無料でできました。
また、小道具も持っていて、魚や木槌で踊ってみたりとユニークなキャラクターで一層すきになりました。
お城周りの食事を楽しめて、ゆるきゃらもいて、また、昔ながらの構造をそのまま残したお城、彦根城はぜひおすすめしたい場所です。

三重県に行くなら鳥羽水族館がお勧め

読了までの目安時間:約 2分

 

三重県の旅行というと伊勢神宮が人気ですが、私は何回か鳥羽に訪れています。鳥羽というとキレイな海や鳥羽水族館が有名です。鳥羽水族館には珍しい生き物がたくさん展示されており、特に人魚伝説があるジュゴンやスナメリは何回でも見たいと思う生き物です。大きな水槽の中でのんびり泳ぐ姿は可愛く、鳥羽水族館で一番見て欲しい生き物です。
また、アシカショーでパフォーマンスも楽しめますが、今までに見たことがない生き物も見られます。ザリガニなど身近な生き物も展示されているので、いつも子供が喜んでザリガニを見ています。それに鳥羽水族館にはレストランがあり、、十分、一日楽しめると思います。こういった施設のレストランは本格的なグルメはそれほど期待できませんが、鳥羽水族館は土地柄、海の幸が楽しめるので、鳥羽で美味しいお店を探す必要もないと思います。
とにかく、鳥羽水族館は広くてキレイです。生き物の数も多く、国内で一番多いと聞いたことがありますし、何回来ても飽きません。それに鳥羽水族館周辺には他にも観光名所がいくつかあるので、十分楽しめると思います。
私たちはいつも日帰りで旅行に行っていますが、温泉旅館もたくさんあり、海を見ながら温泉も楽しめます。ちなみに鳥羽で有名な鳥羽シーサイドホテルは海が近くて、色々な温泉が楽しめるのでお勧めのホテルです。一度だけ宿泊しましたが、新鮮なコリコリした刺身がすごく美味しく、いつかまた利用したいと思っています。

大阪府 大阪城の天守閣に昇る。

読了までの目安時間:約 2分

 

先日大阪城に初めていってきました。
ずばりおすすめは、有酸素運動になります!
というのもお城ってなかなか到着するのに大変だなと思ったからです。
大阪城の最寄り駅に到着して、5分ほどあるくと大阪城の大きなシルエットに出会う事ができます。
感動して、早くお城に上りたいとおもって、入り口を探しているとお城の周りが広くてびっくり。
ようやく、お城の入り口につながる桟橋を発見し、上を目指して歩いているとくねくねと坂道を上りました。
お城も侵略されないように考えて作られているんだなと昇ったことで改めて実感。
歩くのも大変でしたが、おかげで感動する景色も楽しめます。
高さもそこそこあるので、昇る途中には大阪の景色を見下ろせます。天気もよければ通天閣なんかも見れますのでお得な気分。
また、外壁には昔は鉄砲を打つための穴だったのかな?と思わせる四角く濃いに切り取られた石もあり、
歴史に触れて感動。
お城に到着すると、大人300円で私はいることができました。
びっくりしたのが、城内はきれいにメンテナンスされており空調設備までついている博物館のような様子。
お城のイメージとちがった、ショーケースがあるので歴史的な甲冑もあり良いのですが、
豊臣秀吉があるいた床を私も歩きたかったなと少し残念。
でも、ここまでお城を残せてきた人々の努力に感謝もしつつお城があること事態におおいに感動さえてもらいました。
日本ならではの歴史が詰まったお城巡り第一弾はとても楽しかったです。

静けさの中に漂う、信長の存在感

読了までの目安時間:約 2分

 

滋賀の近江八幡を観光で訪れた際、近くにある安土城址へ立ち寄った。かつて、あの信長の居城があった町、安土。
時代は変わったとしても、そんな歴史のある町がこんなに静かでいいのかな…、安土駅前でさえ、にぎやかな観光っ気も商売っ気もあまり感じられない。
町自体がとても控えめで、時間もゆっくり進んでくる感じがする。
駅前のレンタサイクル店で自転車を借りて、安土城址に向かう。駅から約10分。約車の往来も少ないから、気も楽だ。
でも、着いたら、驚いた。石積みの急な階段が、居城があった安土山頂へと続いている。
途中でカーブしているから、先が見えない。入口で無料の杖が置いてあるから、それを借りて正解だった。
観光というより登山じゃないか、険しすぎる。どおりで、観光地でよく見る観光バスも駐車場に停まってなかった。
曇ってはいたが、7月だったから、汗がだくだく出てくる。
もし自分が信長に仕えていたとして、呼び出されたら、行くの嫌だなと思ってしまうような階段だ。
階段を上り、うっそうとした木々の中を抜けて上っていくと、居城跡があり、そこからは琵琶湖が見渡せる。
いい景色、ここからしか見えない景色。実際には城が立ってたから、信長はもっと上から眺めていたはずだ。
築城から、わずか数年で焼失してしまったというが、信長の偉大さは今も感じられる。
上ってきたのとは別のルートで山を下りたが、道中、その敷地の広さに圧倒されるばかりだった。

あれだけの人物がいたのに、何もないのがいいのかもしれない。
それがまたミステリアスで、想像をかきたてる。
また、あの急な石段を登っていってみようと思っている。

清水寺や二条城などの世界遺産めぐりをしに京都へ行ってきました。

読了までの目安時間:約 2分

 

今回は私が昨年行った京都で良かったオススメスポットをご紹介します。

私が最初に京都で向かったのは、清水寺や二条城などの世界遺産です。
清水寺にあった案内書によると、清水寺は何度も火災により焼失していて、現在知られているお寺は、1633年に再建されたものであるとのことです。
私が京都に行った理由は、その日に清水寺で1年の世相を表す「今年の漢字」が書かれるということを知って、一度は自分の目で見てみたいという思いからでした。

一方、15代徳川慶喜が大政奉還を決めたことでも知られる、元離宮二条城は慶長11年(1606年)に完成しました。
現存している建物は、京都御苑内にあった旧桂宮御殿を移築したものです。
二条城には、建物だけでなく当時の書物や屏風が残っていたので、歴史を感じることができました。

これから京都旅行をご検討されている方は、一度はこれらのスポットを観光されることをオススメします。

そして世界遺産めぐりが一通りしてから、京都でのお買い物で「粋」なものがあったのを覚えています。
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、私がオススメするのは「京都七味」です。
京都七味は全国的に有名で、私が行ったお店では直接七味のオーダーを行い、その場で調合して頂けました。
京都のお店には300年以上も続いている老舗もあり、お店を訪ねるだけでも楽しかったです。

今回は観光スポットだけでなく、京都七味などの「お土産」になるようなものもご紹介いたしました。
皆様が京都に旅行される際、今回の記事がお役に立てば嬉しく思います。

1 2 3 20